お札より小銭が使いやすい

ふと千円札を眺めて思ったこと。こんな紙切れ1枚が、いろんな商品と交換できるなんて不思議ですよね。見れば見るほど、何処にでもある美しい絵が描かれた普通の紙にしか見えません。もちろん、わたし達の知らない様々な技術が使われているのでしょうが。

千円札には1000円の価値があるわけですが、本当にそんなに価値があるのか疑ってしまいます。だって、簡単に破いたり燃やしたり出来てしまいますよね。せめて、もう少し頑丈に出来ているのなら納得もいくのですが。もちろん実際にお札を破ったり燃やしたりはしませんよ。

一万円札と千円札にしても同じです。どちらも似たようなものなのに、どうして10倍も価値に差があるのでしょうか。一万円札に宝石でもついているのなら、まだ理解できるのですが。素人目からすれば「ゼロがひとつ増えただけでしょ」と思ってしまうのです。

小銭は何となく価値があるように思えます。やはり硬貨だからでしょうか。五百円玉なんかは、とても貴重なものに見えて、大事に使おうと思えます。でも、千円札は違うんですよね。どうも紙切れの印象が強く、五百円玉よりも下に見てしまいます。千円札の方が高価なんですけどね。

あと、お札は使いづらいのも含まれています。1回の買い物で1000円を越える事がマレなので、小銭の方が重宝するんですよ。普段から高額の買い物をする人にとっては、お札の方が使いやすいのかも知れませんね。もちろん小銭でもお札でも、お金をもらえるのは有り難い事です。