今日我が家の猫はどこにいたのか

今日の昼食後、軽く昼寝をしていたら鈴の音がし、目を開けると別の部屋にいたはずの我が家の2番目に大きい猫が近寄って来ていました。

そのまま寝ているとその子はしっぽでこちらの顔をなでてきたので私は背中をなでてやります。

それから暫くしてから起きて自分の部屋に戻って仕事をするのですが、他の2匹の猫はどこに行ったのかと疑問に思い他の部屋を見て回ってみたものの姿が見えません。

一体どこに行ったのだろうとさらに探してみると洗濯物がたくさんかかっている縁側の棚の上に2匹くっついていました。

もう十分寝たようでぱっちりした目でこちらを見返してきます。

私は姿が確認出来たらそれで満足なので相手に気遣わせたことを謝ってまた自室に戻りました。

1番大きい猫はその大きさゆえに見つけやすいのですが、1番小さい子猫は普段とても見つけにくいです。

階段の下の段ボール箱に入っていた時があったり、物置の一番端っこの隙間にいた時もあります。

そしてそのどちらにもいない時もあり外に逃げたのではないかと心配していたらひょっこり出てくることがあって本当にとらえどころがありません。

それゆえに面白いところもあるのですが心配になるので見つけやすいところにいて欲しいものです。

そうそう、あとその子猫は鈴がついた首輪もすぐ外してしまうので一層他の猫よりも見つけにくいのでした。