荷物運びの人

バリ島旅行へ行った時の事です。添乗員さんが空港まで迎えに来る事になっていましたが、現地に着くまでどんな人なのかの説明がなく全然検討も付きませんでした。しかし、空港へ到着するとすぐに親切な男性が荷物を持ってくれようとするのです。

何度もお断りをしましたが「自分が迎えに来た人です。」というような事を言ってきたのです。その為、少し話を聞くと「自分が添乗員で迎えに来たから荷物を運ぶ。」と言うのです。そして無理やり荷物を取って荷物を運んでいきました。

すると空港の外に出た所に違う添乗員の人がホテル名の書いてある紙を持って待っていたのです。それを見つけると同時位にその男性はお金を請求して来ました。私もビックリして「添乗員じゃないの?嘘ついたの?」と聞きましたが、その男性は「荷物をここまで運んだからその代金を払ってくれ。」と言われました。

荷物を運んだといってもただ荷物を引っ張っていただけで私にも出来ます。しかし、話をしても全然聞く耳がなく、騙されてお金を払うのも嫌でしたが荷物を返して貰えなかったので仕方なくお金を支払いました。しかも、後で分かったのですがそのお金は大金でした。一番小さい金額のお札を渡したつもりでしたが、その逆で一番高いお金でした。二重でショックが大きかったです。もう二度と海外旅行では「荷物を運ぶ。」と無理やり荷物を取られてもどうにかして取り返そうと思いました。