知ってる言葉なのに、違う意味を持ってたりする。

業界用語とかって結構ほかの人には分からないことが多いですが、

世代間で流行語とかが伝わらなかったり、その一部の仲間で使ってる言葉とかもあったりして、

結構同じ場所で生きているはずなのに、伝わらない言葉があるんだなぁ、って感じました。

今日職場でいつもと同じように同僚と話していたのですが、

「昨日スライドしたよね」と言われて、私には何の事だか全く分かりませんでした。

私は気付かなかったのですが、昨日スーパーで買い物して帰るときに、車ですれ違ったらしく、

「車ですれ違う」ことを、彼女は「スライド」と表現したようでした。

一般的なのかどうなのかは分かりませんが、私はすれ違うことを「スライド」と表現したことがないのでびっくりしました。

というようなことを彼女に話してみたら「あなただってよく普通の人のことパンピっていうじゃん」って言われました。

一般ピープル、略してパンピ。死語みたいですが、私の趣味であるバンド業界では結構使う用語なんですよね。

こんなに近くにいるのに、みんな色々な違う世界を生きているのかもしれないなぁ、と思った出来事でした。